カヤタケ
(別名;ウスユキタケ、ジョウゴタケ)
Infundibulicybe gibba (Pers.) Harmaja

ハラタケ目_キシメジ科_オオイヌシメジ属


カヤタケ 20110925 大沼

 
CAUTION 食注意・弱毒


 可食。秋に広葉樹林、針葉樹林の地上の落ち葉の上に単生、群生する。毒成分のムスカリンを含むため、人によっては中毒するので注意すること。

 カサは2〜10cm、中央部の窪んだ饅頭型から深い漏斗型に開き、黄白色から淡赤褐色あるいは肌色など変化に富む。表面平滑で、しばしば周辺に、放射状で短く浅い溝線が有る。また中心部付近わずかにささくれ、濃色。
 ヒダは白色、柄に長く垂生し密。幅は狭い。
 柄は上下同大か下部に向かってやや太く、カサと同色か淡色。中実か一部中空。質は強靭。基部に白色綿毛状菌糸をまとう。
 肉は薄く、白色無味無臭。


〔似たキノコ〕
 ⇒ オオイヌシメジ常に中丘を持っている
 ⇒ オオイチョウタケ はカサは白色で絹糸状の光沢があり、周辺にしわ様の条線がある。
 ⇒ ホテイシメジ は中心部にささくれがない。
 ⇒ 北海道では発生が確認されていないが、猛毒菌のドクササコ(毒)に外見が似ている。

 
 柄の根元に白色の綿毛が有る