オオイヌシメジ
(別名; オオカヤタケ)
Infundibulicybe geotropa (Bull.) Harmaja
ハラタケ目_キシメジ科_オオイヌシメジ属


オオイヌシメジ_20090806_学びの森

 
can be eaten 可食

 秋 林内地上、草原などに発生。
 カサ径10cm前後となる。初めまんじゅう形から開いて平らになり、さらにやや窪むが、常に中丘を持っている

 表面は平滑、淡なめし皮色、中央部はやや濃色、縁部は最初内側に巻き、やや微毛を有する。
 ヒダは垂生し、白~淡クリーム色、密。匂いは温和。
 柄は根元はややふくらみ、表面は繊維状、頂部は粉状、カサよりやや淡色で中実。
 胞子紋は白色、胞子は広卵型6~9×5~6μm

〔似たキノコ〕
 → オオジョウゴタケの傘は10~30cm、オオイヌシメジの巨大型とみなされることがある。
 → イヌムラサキシメジ は中丘を持たず、表面は紫色を帯び、胞子は類球型、疣状突起を有する。
 → カヤタケ の中心部付近には細かい片鱗がある。

_20170802 sirahatayama