トビチャチチタケ
Lactarius uvidus (Fr.) Fr.
ベニタケ目_ベニタケ科_カラハツタケ属


トビチャチチタケ

 
POISON 有毒

 夏〜秋 カラマツとダケカンバの混生林に発生。トビチャは表現の難しいこのキノコの色のことで鳶茶色と書くと思われる。

 傘径は4〜8cm前後、表面は湿ったとき、強い粘性があり、帯灰黄色〜灰紫色で環紋はほとんどない。
 ヒダは黄白色で密。
 柄はやや粘性があり黄白色。
 一番の特徴はヒダや柄を傷つけると速やかに紫色に変色すること。
 乳液は初め白いがすぐに紫色に変わる。強くはないが辛味がある。

〔似たキノコ〕
 似たきのこ(傷つけると紫色に変色)
 → ウズハツ は表面の渦巻き状の模様が特徴