ススケチチタケ(広義)
Lactarius luridus (Pers.) Gray(ラクタリウス ルリダス)
≡ Lactarius acris var. luridus (Pers.) Bataille
≡ Lactarius uvidus var. luridus (Pers.) Kavina
ベニタケ目_ベニタケ科_カラハツタケ属

 
 Unclear 食毒不明

 夏〜秋 ナラやブナ、栗などの混生林に発生。この種は、乾燥したときに紫色になる白い乳液を有することが特徴です。乳液を紙で吸い上げ、乾燥すると茶色+紫色が沈着します。乳液は辛味があり食不適とされている。

 傘径は4〜6(8)cm、饅頭型から漏斗型に、灰褐色〜帯紫灰褐色、環紋は不明瞭か、またはわずかに同心円状に斑点が付く。表面は濡れた脂っぽい光沢がありしっとりした感触です。
 ヒダはクリーム色〜黄白色で密。小・中ヒダあり、互いに癒着するものあり、直生〜やや垂生。

 柄は4〜6cm、黄白色、中空、穴は比較的太い。
 ヒダや柄は傷つけると速やかに青紫色に変色するが、次第に茶色 - 紫色の色調に落ち着きます。
 水様の乳液は白色〜クリーム色で、ヒダや肉に接触しない部分の乳液は淡紫色を帯びた灰色に変色する。

 傘表面はKOHで変色しないので、トビチャチチタケと区分けできる。。

 胞子は 8-10.5(11)×6.5-8μm、楕円体、不規則な隆起によって構成された装飾の高さは1μm 迄(ウズハツ L. violascens は 1.5μm)。


〔よく似たきのこ〕
 → トビチャチチタケ L. uvidus は表面が湿ったとき、強い粘性がある、傘表面はKOHで緑色変。
 → ウズハツ L. violascens は本種より環紋が濃く、乳液は白い。

傘表面はKOHで変色しない
白い乳液は数分後に淡紫色を帯びた灰色に変色
ヒダや柄を傷つけると始め紫色に変色するが、次第に茶色 - 紫色の色調に落ち着く  
 水様の白い乳液は空気に触れると水分の中に固形物が凝縮し、この後、数分〜十数分後に淡紫色を帯びた灰色に変色
柄の空洞は広い