シロチャヒラタケ
Crepidotus virgineus Har.Takah.

ハラタケ目  アセタケ科 チャヒラタケ属


シロチャヒラタケ_20120623 sakkurayama


 
awful taste 食不適

 白色、 ヒラタケ型、 林内の落枝上に発生し普通に見られる。

 子実体は微小 (径 4-13 mm)、 軟質、 無柄または退化した短い柄を持ち 側生、 ときに背着生、 傘の表面は細軟毛状~繊維状,、老成すると汚白色になる、縁部は最初内側に巻く。
 肉は厚さ 0.5 mm 以下、 白色、 特別な味や臭いはない。
 ヒダはやや疎 、最初白色 のちピンク色、 成熟時帯褐色。

〔似たキノコ〕
 → 本種に外観が酷似したニセコナカブリは、おもに針葉樹の枯れ木や枯れ枝に生え、かさの表面があまり毛羽立たない、胞子がより幅広くて丸みが強い。
 → コナカブリ の表面はいくぶん毛羽立つ、胞子はやや角張った楕円形~短い円筒形。
 → コナカブリモドキ は短い柄が確認できる、胞子紋は青みがかった淡黄褐色。
 → チャヒラタケも幼菌時は白いが、肉質がゼラチン質。

 
胞子紋はくすんだ黄褐色
胞子は楕円形、平坦、蜜色、厚壁