ナメコ
Pholiota microspora (Berk.) Sacc.

ハラタケ目 モエギタケ科 スギタケ属

ナメコ 拡大画面へ

 ナメコ 20121111 宮田 ・白樺の切り株に発生

 
Edible mushroom 可食

 可食。秋、広葉樹(主にブナ) の倒木、切り株に発生。腐朽菌。

 傘は3〜8cm、幼菌は半球形で顕著な粘性質の膜に包まれる。膜は傘が平らに開くと破れ、傘の縁部と早失性のつばとなって柄の上部に残る。
 傘の中央部は茶褐色、周辺部は褐色。 古くなると粘液を失い、しだいに淡色になる。
 カサの裏面はゼラチン質の粘膜で最初は覆われ、後に破れて粘液状ゼラチン質のツバとなる。このツバは古くなった子実体では不明瞭なことがある。
 ヒダは、淡黄色から後に淡褐色。直生し密。
 柄は5cm内外、カサ同様粘液に包まれ中実。ゼラチン様のつばを持ちつばより上部は白色、下部は淡黄褐色〜褐色で粘液で覆われる。胞子紋は暗さび色。
 肉は初め淡黄色、のち淡褐色を帯びる。無味無臭。

〔似たキノコ〕
 猛毒菌のヒメアジロガサは本種に似ているので間違えないように。

 
 
   ナメコ_20141006森林公園
 
ナメコ 20111106 支笏湖   ナメコ 20111106 支笏湖
 
     幼菌