シロナメツムタケ
Pholiota lenta (Fr.) Sing.

ハラタケ目_モエギタケ科_スギタケ属


シロナメツムタケ 20111015 桜山

 
Edible mushroom 可食

 可食。秋にマツ林、カラマツ林、ブナ科の樹木の林内地上に発生する。
 よく似たチャナメツムタケの方が食用きのことしては有名だが、 このシロナメツムタケは、より淡泊な味である。

 傘の径3〜9cm、まんじゅう形から平らに開き、白色〜白茶色、表面には著しい粘性があり、白色綿毛状の小鱗片が点在するが消失しやすい。
 ひだは初め白色で後には淡黄土色になり並び方は密で柄に直生する。
 柄は長さ3〜9cm、傘とほぼ同色、基部は濃色、表面は繊維状で多少ささくれる。

 キナメツムタケは秋遅くに発生する。