キナメツムタケ
Pholiota spumosa (Fr.) Sing.
ハラタケ目_モエギタケ科_スギタケ属


キナメツムタケ_H26,10,08_toisiyama



鱗片がある キナメツムタケ類似種?
 
can be eaten 可食

 秋、針葉樹や広葉樹の切り株、倒木上に点々と発生、あるいはその周辺や草むらなどに群生する。土壌から発生するように見えるが、実際には埋葬木や根から発生しています。

 傘の径2〜7センチ、丸山形から扁平に開く、表面は淡い黄色から硫黄色、のち黄褐色で、周辺部には早失性で脱落しやすい繊維状の膜を付け、湿ると粘性がある。
 ヒダは密、傘と同色柄に直生する。
 肉は黄白色。
 茎は高さ3〜8センチ、太さ1センチ前後で繊維質。黄白色、根元は褐色。

 まろやかな味わいで舌触りも良いが、胞子紋が錆褐色なので成熟するとヒダの間が暗褐色になりきのこが痛んでいるように見える。

 シロナメツムタケチャナメツムタケキナメツムタケの順に発生する。