カノシタ
Hydnum repandum L.
アンズタケ目 アンズタケ科 カノシタ属

 
CAUTION 食注意・弱毒

 夏から秋にかけて主として針葉樹林内の地上に群生する。

 傘は径2~10cm、まんじゅう型で卵黄色~橙黄色。縁は内側に巻き込み、成長と共に不規則な形になる。ひだは存在せず、代わりに柄に垂生する針状の裏面を持つ。
 針は長さ2~5mm、針状~薄歯状で初め白色のち傘とほぼ同色、脆く、軽く触るとぱらぱら落ちる。この特徴的な裏側がシカの舌に似ている事からこの和名が付けられた。
 柄は色を帯びる事も有るが、ほぼ白色。傘の中心から少しずれて付く事が多い。
 胞子紋は白色
 白色変異のシロカノシタ(H. repandum var. album)が存在し、個体数はそちらの方が多い。


〔似たキノコ〕
 → イタチハリタケ H. rufescens Pers.やオオミノイタチハリタケの針は柄に沿下しない。
 → カノシタ近似種(H. violascens)はマツバハリタケに似るが、マツバハリタケの胞子は丸い疣を持った類球形です。



シロカノシタ
( カノシタの白色変種 )
Hydnum repandum L.: Fr. var. album Quél.



シロカノシタ 2010.10.09 桜山

 
CAUTION 食注意・弱毒

 食菌とされているが、細胞毒性を示す化合物が含まれており、注意を要する。
 秋に各種林内の地上に発生する。発生はカノシタ (H. repandum L.)よりも多い。

 傘は初めまんじゅう形で後にはほぼ平らに開き形は不整形。
 表面の色は乳白色で、やわらかい肉質でもろい。
 傘の裏側は針状。柄は白色で傘の中心からずれてつく。 胞子紋は白色




カノシタ(近似種)
Bankera violascens (Alb. & Schwein.) Pouzar
= Hydnum violascens Alb. & Schwein.


CAUTION 食注意・弱毒


 カノシタ近似種


 → カノシタ近似種(H. violascens)はマツバハリタケに似るが、マツバハリタケの胞子は丸い疣を持った類球形です。