カバイロトマヤタケ
Inocybe aureostipes Y. Kobayashi
ハラタケ目_アセタケ科 アセタケ属


 
POISON 有毒

 夏から秋にかけて、針・広混交林の地上に発生する。
 傘は径4㎝まで、円錐形から中高の平らに開き、表面は明褐色、繊維状、絹様、放射状に細かく裂ける。
 ヒダは上生、やや密。
 柄は上下同大で下方に向けてやや太くなり、上部は粉状で、明橙褐色、基部は白色。
 胞子は平滑、楕円形


〔似たキノコ〕
 → キヌハダトマヤタケ基部は膨らむ。
 → カブラアセタケ の柄は帯褐色または帯赤褐色、胞子は瘤におおわれる。
 → オオキヌハダトマヤタケ は本種より大型、傘色は黄褐色~帯褐黄土色で本種より淡色。