カブラアセタケ
Inocybe asterospora Quel.

ハラタケ目_アセタケ科_アセタケ属


カブラアセタケ 20130727 桜山

 
 POISON 有毒

 夏~秋、林内 や庭園内の樹下に発生。
 ムスカリンを含み有毒(発汗・よだれ・筋肉けいれん・血圧低下)。

 傘は径2.5~3cm、表面は繊維状、くり褐色でのち放射状に裂ける。
 柄は2.5~4 cm、根もとは急に膨らみ、表面は帯褐色または帯赤褐色、つまり赤みを帯びている。
 胞子は大きさ 9~11.5 x 8~10 μm、星形、シスチジアは厚膜。


〔似たキノコ〕
 ⇒ よく似たキヌハダニセトマヤタケは、小型で表面色は淡黄土色、絹糸状、柄は類白色。胞子はこぶ状の突起を備えた多角形。
 ⇒ カブラトマヤタケ の胞子は楕円形。
 ⇒ コブミノオオトマヤタケも本種に似るが、子実体が一回り大きく、胞子の形が異なる。

20170726 sirahatayama_シスチヂア
20150704_sakurayama 20170726 sirahatayama_