ツノフノリタケ
(別名;モミジフノリタケ)
Calocera cornea (Batsch.) Fr.
アカキクラゲ目_アカキクラゲ科_ニカワホウキタケ属


ツノフノリタケ_20140823桜山

 
awful taste 食不適

 春~秋 広葉樹、針葉樹の朽ち木に単生、束生。
 高さが1cm前後の尖った角状で、時に分岐する。
 軟骨質で白色から黄色。

〔似たキノコ〕
 ニカワホウキタケ は橙黄色サンゴ状、軟骨質。
 アカヒメホウキタケ はシロソウメンタケ科、橙黄色ホウキタケ状、割と弾力あり。
 ハナビタケ はフサタケ科、橙赤色で、もろいにかわ質、小型。
 ニカワツノタケ はシロキクラゲ科、不透明状で初め暗紫色、のち先端が白色になる。