チチアワタケ
Suillus granulatus (L.) Roussel
イグチ目_ヌメリイグチ科_ヌメリイグチ属


 
awful taste 食不適

 有毒。 アカマツ、クロマツなど、二針葉マツ林に群生する。

 カサは4~10cm、著しい粘性があり、栗色から黄土褐色。時として、同色の濃淡のムラになることがある。
 管孔は、垂生から直生、孔口は小径、初めうす黄色で黄白色の乳液を分泌し、成長すると汚黄褐色、乳液の分泌は止まる。
 若いキノコの乳液が手に付くと褐色になり、手を洗っても落ちにくい。
 柄につばはなく、中実、白色から薄黄色。表面に、黄色から褐色の細かい粒点がある。
 肉は、黄白色。カサの部分に比べ、柄の肉の色がやや濃い。  
 胞子紋は黄褐色。

〔似たキノコ〕
 → ヌメリイグチにはツバがある