ゴヨウイグチ
Suillus placidus (Bonorden) Singer
イグチ目_ヌメリイグチ科_ヌメリイグチ属


goyouiguti_20171021 usakumai

 
CAUTION 食注意

 夏から秋にかけてハイマツやストローブマツなどのゴヨウマツ類の林内の地上に発生する。食用になる。

 傘は初め半球形で後にはまんじゅう形に開く。表面の色は初め白色のちには黄色から黄褐色で、表面はぬめりがある。
 管孔は柄に直生からやや垂生し、初め白色のちには淡黄色、孔口は小型でしばしば乳白色~淡紅色の液を分泌する。
 柄は白色のちには淡黄色となり紫褐色から灰褐色の粒点をもつ。
 胞子紋は汚黄土色。


〔似たキノコ〕
 → チチアワタケ の柄の肉は黄白色、黄白色から黄色の地に同色の粒点がある。
 → 柄の粒点がよく似たヌメリイグチは上部に消失性・粘膜質の褐色ツバが有る。
 → 五針葉松の下には、他に、ヌメリツバイグチワタゲヌメリイグチベニハナイグチが発生する。

goyouiguti_20171021 usakumai