チリメンチチタケ
Lactifluus corrugis (Peck) Kuntze
ベニタケ目_ベニタケ科_ツチカブリ属


チリメンチチタケ、まだ若い菌

 
can be eaten 可食

 夏~秋 コナラなどの林下に散生。
 傘径5~12cmくらい、饅頭形から中央やや窪む扁平、さらに浅杯形。
 表面微粉状~ビロード状で暗赤褐色、中央から放射状、成長すると周辺から環状に小じわで覆われる。
 チチタケもシワが表れることがあるが、本種は傘が暗色でシワが多いことで区別される。
 ヒダは直生~垂生し密で淡黄土色、乳液は白色で後に褐変する。
 柄は傘と同色で中実~髄状

〔似たキノコ〕
 → チチタケ 傘の色は似ているが、表面はしわが無く微粉状、のち滑らか。
 → ヒロハチチタケ は本種と比較して傘の色が淡い、ヒダが幅広く厚く疎