タヌキノチャブクロ

(別名;ケムリタケ)
Lycoperdon pyriforme Schaeff.
ハラタケ目_ハラタケ科_ホコリタケ属


タヌキノチャブクロ 20121001 砥石山.

 
 CAUTION 食注意・

 秋、林内の腐朽木上、ときに腐植上に群生する。

 子実体は高さ2~4cm、径2~3cm、逆洋梨形、擬宝珠形、基部に白色菌糸束をつける。
 頭部は顆粒状~粉状の外皮に覆われ、黄褐色~褐色。内部は幼菌時は白色、成熟すると褐色になり、ついには暗褐色の粉状胞子塊となり、外皮が破れ、胞子を飛散する。
 ホコリタケと同様、若いうち、内部が白い時は食用になるが、少しでも着色しているものは食べられない。


〔似たキノコ〕
 → アバタチャブクロ も材上性、柄がないのが特徴。
 → ホコリタケ(キツネノチャブクロ) の子実体(外精子)の外側表面は、粒状のいぼが点在する短い円錐形の棘で覆われています。白~茶色の棘は容易にこすり落とすことができ、それらが除去された後に網状の斑点や瘢痕を残すことがある。胞子はほとんど球形で黄褐色・厚壁、表面は微細ないぼにおおわれる。