オトメノカサ
(別名;コオトメノカサ,シロヤマタケ)
Cuphophyllus virgineus (Wulfen) Kovalenko

ハラタケ目_ヌメリガサ科_オトメノカサ属


オトメノカサ

 
can be eaten 可食

 可食。 秋、針葉樹林、特にカラマツ林、ときに広葉樹林に群生する。小型。腐生菌
 かさはほとんど白色だが中央部がやや肌色がかかることがある。湿時、弱い粘性があるが乾きやすい。饅頭型から平らに開く。幼菌では中央部が盛り上がったりやや尖ることが多い。
 ヒダは柄に長く垂生し白色。疎。互いに脈で連結する。
 柄は白色平滑。下方に向かって細まり、中実、粘性は無し。 肉は白色。無味無臭。胞子紋は白色。

〔似たキノコ〕
 → カラマツオトメノカサ(仮称) はヒダが長く垂生することで、本種やアケボノオトメノカサと区別される。
 → コオトメノカサ はオトメノカサに似るがより小形であり、傘に粘性がある。
 → シロヌメリガサはやや小型で粘性の強いきのこで、傘も柄も粘性がある。
 → シロヒメカヤタケ(毒)のヒダは密。

かさは白色か、中央がやや肌色がかり、粘性は無い
ヒダは垂生する
柄は下に向かって細くなる