アケボノオトメノカサ(工藤仮称)
Cuphophyllus roseola (Kudo & Nagasawa) (ined.)

ハラタケ目_ヌメリガサ科_オトメノカサ属


アケボノオトメノカサ 20111016 神居尻

 
 Inedible 食不適 

 秋~晩秋、カラマツ林内に群生。
 傘は白色で、中央は淡紅色を帯び、湿時粘性がある。円錐状丸山形から、のちほぼ平らに開くが、しばしば中央部は多少突出する。
 ヒダは直生状垂生、やや疎、はじめ類白色のち黄色を帯びる。
 柄はやや細長く、中空、繊維状。


〔似たキノコ〕
 → オトメノカサの傘はほとんど白色だが中央部がやや肌色がかかることがある。
 → カラマツオトメノカサ(仮称)はヒダがより長く垂生することで区別される。