ニオイキシメジ
Tricholoma sulphureum (Bull. Fr.) Kummer

ハラタケ目_キシメジ科_キシメジ属


ニオイキシメジ_20160924 sakurayama

 
POISON 有毒

 初夏から秋にかけて,コナラ属(Quercus)を主とする林内の地上に点々と発生する。
 全体がくすんだ帯褐黄色を呈し,かさには粘性がない。
 肉はコールタールのような不快臭を有する。
 胞子紋は白色

 一見するとキシメジ(T. flavovirens [Pers.: Fr.] Lundell)シモコシ(T. auratum [Fr.] Gillet)などに類似しているが,これらはかさに粘性があることや不快臭を持たないこと,および菌糸にまったくクランプを欠くことなどによって区別される。