キララタケ.
Coprinellus micaceus (Bull.) Vilgalys, Hopple & Jacq. Johnson
ハラタケ目_ナヨタケ科_キララタケ属


キララタケ 20120913 薄別_

 
POISON 有毒

 食。 夏から秋にかけて広葉樹の倒木上や切り株上に発生する。
 キララとは雲母のことで、若いうちは傘の表面に細かい鱗片をつけていることに由来する。 若い時は食用になるといわれているが、アルコールと一緒に食べると中毒するともいわれている。

 傘は初め卵形で後には中高の平らに開く。
 表面の色は淡黄褐色でキラキラと光を反射する細かいうろこ状のささくれでおおわれる。
 ひだは初め白色で後には黒く液化する。
 柄は淡褐色で細い。

〔似たキノコ〕
 → キララタケモドキ は柄シスチジアのない平滑な柄をもちます。
 → キララタケ近縁種(C. xanthothrix)の傘は成熟時には灰色〜灰褐色。
 → コキララタケ の基部やその周辺は黄褐色粗毛状の菌糸マットに覆われています。
 → コキララダマシ は春先に発生します。
 → ヒトヨタケ は本種より大型。

キララタケ_20120913_薄別