キイロウラベニガサ
Pluteus chrysophaeus (Schaeff.) Quél.

ハラタケ目_ウラベニガサ科_ウラベニガサ属

キイロウラベニガサ_20140621桜山

unclear 食毒不明

 傘の径2~4cm、表面は黄褐色で平滑な表面をしているが、中央付近に小じわがあるものもある。周辺部には放射状の条線がある。

 柄は下方にやや太まり、表面は繊維状、中空、上部は太さ約3mmで帯黄色、下部の太さは約5㎜。
 ひだはピンク色を帯び、密、柄に離生する。
 表皮は子実層状被で、幅38μm以下の類球~洋なし形の細胞から成る。


〔似たキノコ〕
 → ベニヒダタケ Pluteus leoninus の傘は鮮黄色。キイロウラベニガサはベニヒダタケに非常によく似ており、従来は混同されていたが、かさの表皮の構造において、ベニヒダタケとはまったく異なっている。
 → キアシベニヒダタケ P. romellii の傘は黄色地に暗褐色の繊維状鱗片を放射状に密布している。
 → 名前が似ているキイロウラベニタケはイッポンシメジ属のきのこ。

胞子は広楕円形、平滑、6.5~8 × 5.5~7μm