ベニヒダタケ
Pluteus leoninus (Schaeff.) P. Kumm.
ハラタケ目_ウラベニガサ科_ウラベニガサ属

ベニヒダタケ_ 桜山 2014.08.16.

 
can be eaten 可食

 初夏~初冬 広葉樹の枯れ木、シイタケのほだ木などに発生。

 傘径2~6cm、まんじゅう形から平に開き、中央付近にシワがある。傘の色は鮮黄色で、周辺に条線がある。
 ヒダは密で初め白くやがて肉色になる。
 柄は黄白色、繊維状。


〔似たキノコ〕
 → キイロウラベニガサ の傘は黄褐色。
 → ヒイロベニヒダタケ の傘は鮮やかな橙紅色。

20111015 _桜山
20180620_白旗山 20180620_白旗山
ヒダは離生、初め白くやがて肉色 傘の表皮
胞子紋は肉色 胞子は広楕円形、平滑、5.5~6.5×4.5~5.5μm