ザラエノヒトヨタケ
Coprinopsis lagopus [non (Fr.) Redhead, Vilgalys & Moncalvo] sensu Hongo
ハラタケ目_ナヨタケ科_ヒメヒトヨタケ属


ザラエノヒトヨタケ

 
awful taste 食不適

 春~秋 林内地上及び落ち葉上また木材チップ上に単生、群生。
 傘径は3~5cm、白色から灰色に変わり、カサはやがて反りかえる。
 ヒダも白色からやがて黒く縁取られたようになる。
 柄は5~9cm、下に向かって太くなり、綿毛のような鱗片に覆われる。
 本種の胞子は楕円形、平滑。

〔似たキノコ〕
 → ザラエノヒトヨタケと外観がそっくりのザラミノヒトヨタケの違いを確認するには、胞子を見るのがもっとも手っとり早い。
 → マルミザラエノヒトヨタケは本種より大型で、胞子は類球形