ユキホウライタケ
Marasmius nivicola Har. Takah.
ハラタケ目 ホウライタケ科 ホウライタケ属


ユキホウライタケ‗白旗山

 
unclear 食毒不明

 子実体は全体に白色で ヒダは著しい連絡脈を表し、落ち葉体積上に発生、基物の間に厚い菌糸マットを形成する。

 傘は径 10-35 mm、最初半球形で縁部は内側に巻き、のち饅頭形になり、中央部が凹み 老成すると周縁にやや溝線を表し 吸水性あり。
 幼時全体に淡黄土色を帯びるが、まもなく白色になり、時に中央部のみ黄褐色を帯びる。
 ヒダは上生, やや疎、白色、明瞭な連絡脈を持つ。
 肉は白色または淡黄褐色、特別な味や臭いはない。
 柄は 20-50×1.5-3 mm、ほぼ上下同大または根本僅かに太くなり 中心生、やせ型、中空、全体に白色。
 時に根本が黄土色を帯び、表面は全体に粉状~細軟毛に被われ, 頂部白色, 下方に向かって暗褐色を呈し基部は黒色、根本は発達した綿毛状の白色菌糸体に被われ、落ち葉の堆積に厚い菌糸マットを形成する。

〔似たキノコ〕
 → シロホウライタケは林内枯れ木、落ち枝上に発生する。
 → アシグロホウライタケ(テトラピルゴス属) の柄はより黒く、胞子は星型
 → 同じような白い小型菌の、スギエダタケ は埋もれた落ち枝から発生し、連絡脈は無い。

20150829_桜山・落ち葉の堆積に厚い菌糸マットを形成
 ユキホウライタケ_20150829_桜山・明瞭な連絡脈を持っている