ヤミイロタケ
Lactarius glyciosmus (Fr.) Fr.
ベニタケ目_ベニタケ科_カラハツタケ属

 
unclear 食毒不明

 夏から秋にかけ、カバノキ属の樹下の地上に発生する。

 かさは直径1.5〜5cm程度、幼時は半球形であるが次第に開いて、ほぼ平らあるいは浅い皿状となる。表面は湿った時には弱い粘性があるが乾きやすく、渇けば多少粉状をなし、肌色〜淡い橙褐色を呈し、時に不明瞭な同心円状の環紋をあらわし、表皮は剥ぎとりにくい。

 かさ・柄の肉は弱い辛味があり、生のきのこには「ココナッツのにおい」と形容される独特の甘い香りがあるが、このにおいは、きのこが乾くと失われる。
 新鮮な時には白濁した水っぽい乳液を含むが、この乳液は弱い辛味があり、空気に触れても変色しない。
 胞子紋は淡いクリーム色。


〔似たキノコ〕
 → チョウジチチタケ(L. quietus (Fr.:Fr.) Fr.)は、きのこの外観や色調・大きさなどがやや類似するが、においがヤミイロタケのとやや異なり、表面にあらわれる同心円状の環紋がより明瞭であること、肉や乳液に辛味がないことなどの点で区別できる。
 → ニオイワチチタケ(L. subzonarius Hongo)はより大形かつ暗色で、かさには明瞭な環紋を備え、肉にはカレー粉のような強い香りがある。