ヤギタケ
Hygrophorus camarophyllus (Alb. & Schwein.) Dumee, Grandjean & Maire
ハラタケ目_ヌメリガサ科_ヌメリガサ属


ヤギタケ

 
Edible mushroom 可食

 食。秋にアカマツ林やブナ科の広葉樹林の地上に発生する。種類なのかもしれない。

 傘は径4〜10cm、初めまんじゅう形からやや中高の平らとなり、表面は灰褐色〜暗灰褐色、 やや粘性があるが乾きやすい。
 ひだは直生またはやや垂生、色は白色で並び方はややあらい。 ただし個体によっては淡いオレンジ色を帯びることもある。
 柄は長さ5〜12 cm、粘性がなく傘より淡色、繊維状、中実、肉は白色。白いひだと暗色の柄との境目が明瞭なのが特徴である。

〔似たキノコ〕
 ウスアカヒダタケのヒダは赤味を帯びる。本種は白色、古くなるとクリーム色〜淡いオレンジ色。


やや粘性があるが乾きやすい。