ウスアカヒダタケ
Hygrophorus calophyllus Karst.

ハラタケ目 ヌメリガサ科 ヌメリガサ属


ウスアカヒダタケ


 
can be eaten 可食

 秋 アカマツ・コナラ林、ブナ林あるいは高地の針葉樹林などに発生。
 傘は径511cm、表面は粘性、黒褐色、縁部は内側に巻く。
 ヒダは垂生、ピンク色〜淡紅色。


〔似たキノコ〕
 → ヤギタケに似ているが、ヒダが赤味を帯びること、縁部が永く内巻きであること、傘のぬめりが強いこと(ヤギタケは乾きやすい)から見分けることができる。