トゲカラカサタケ(仮称)
(別名;トゲミノカラカサタケ)
Echinoderma calcicola (Knudsen) Bon
ハラタケ目  ハラタケ科 オニタケ属


トゲカラカサタケ 20130817桜山

 
 unclear 食毒不明

 一見、オニタケクリイロカラカサタケに似ているが、よく見ると鱗片の先端が尖っている。
 幼菌の時はオニタケに似た内皮膜があるが、成菌では痕跡的になる。

 柄の下は太くならず、表面にはカサと同じトゲ状鱗片がある。

〔似たキノコ〕
 → ツノシメジ は剛毛状の大型の鱗片。
 オニタケ属には他に似たようなきのこがある。
 → ツノカラカサタケのヒダの縁は黒く縁どられる。
 → ワタゲオニタケ は傘の周辺や柄に綿毛が目立つ
 → ウコンカラカサタケ の傘は橙黄色

胞子紋は白色