トビイロノボリリュウ
(別名;ヒグマアミガサタケ、トビイロノボリリュウタケ)
Gyromitra infula (Schaef.: Fr.) Quel.
チャワンタケ目_フクロシトネタケ科_シャグマアミガサタケ属


トビイロノボリリュウ

 
unclear 食毒不明

 秋に朽ちかけた倒木の上やその周辺地上に発生する。ごく近い仲間のシャグマアミガサタケは猛毒きのことして名高い。 ヒグマアミガサタケも有毒としている図鑑(海外)もあるので注意が必要である。

 きのこは乗馬用の鞍に柄を付けたような形をしている。色は赤褐色から褐色。二つに割るときのこの中はほとんど中空である。

〔似たキノコ〕
 →

トビイロノボリリュウ 高澤