シロトマヤタケ
Inocybe geophylla (Fr.) P. Kumm.

ハラタケ目_アセタケ科_アセタケ属


シロトマヤタケ 20111016 神居尻

 
POISON 有毒

 有毒。全身が真っ白のアセタケ、秋遅くまで発生している。

 傘は白色、径は 1~2cm、最初円錐形から、のちやや中高に開く、絹状の光沢がある。
 ヒダは上生~離生
 柄は3~4cm、中実、やや基部が太まるがカブラ状にはならない。表面はごく上部のみが粉状、縦の溝線、褐色のコルチナの名残がある。
 胞子紋は汚褐色


〔似たキノコ〕
 → 肉眼でのシロニセトマヤタケ (I. umbratica)との区別はとても困難だが、シロニセトマヤタケの方は、子実体が大きめ柄が長く傘の尖りが顕著中空基部の膨らみが大きい
 シロトマヤタケは無臭だが、シロニセトマヤタケはアセタケ臭がする。

シロトマヤタケ


ウスムラサキアセタケ
(本種別名;ムラサキアセタケはシロトマヤタケの変種)
Inocybe geophylla var. lilacina Gillet


POISON 有毒

 ウスムラサキアセタケ I.geophylla var. lilacina Gillet は シロトマヤタケ I.geophylla (Bull.) P. Kumm. の変種。

 同属に品種のササクレシロトマヤタケ I.geophylla f. squamosa Kobayasiがある。



 柄は、高さが6センチほどにしかなりません。
 プロポーションは、長めで、すらりとしています。



ササクレシロトマヤタケ
(本種はシロトマヤタケの一品種)
Inocybe geophylla f. squamosa Kobayasi


ササクレシロトマヤタケ_20140830

 
POISON 有毒

 ササクレシロトマヤタケ I.geophylla f. squamosa Kobayasi は学名上、 シロトマヤタケ I.geophylla (Bull.) P. Kumm. の一品種とされているが、外観は随分と相違があり、近縁種とは思えない。


 全身が白色のささくれや菌糸で覆われる。
 傘径は2cm程度、ややクリームがかった白色、最初饅頭形から、のちやや中高に展開する。表面は逆毛にささくれる。
 ヒダは上生~離生し、やや密。

 柄は3~4㎝、中実、やや基部が太まるがカブラ状にはならない。表面はごく上部のみが粉状で、それより下部は繊維状の毛羽立ちがあり、それが縦のスジとなっているように見える。褐色のコルチナの名残がある。クリーム色の地を、毛羽立ちのある白色菌糸が覆っている感じ。

 日本きのこ図版(青木図版) No. 1149

拡大、柄の最上部は粉状、その下は繊維状 縁シスチジア
ササクレシロトマヤタケ胞子