桜山産シロクロハツ(桜山仮称)
Russula aff. albonigra ?

ベニタケ目_ベニタケ科_ベニタケ属


シロクロハツ 20130712 桜山

unclear 食毒不明

 夏~秋 ミズナラ等の広葉樹林あるいは針葉樹林下に発生する。

 カサ径は7~10cm、中高の平らからのち中央がくぼみ、最初汚白色から黒褐色~黒色、わずかに粘性がある。
 ヒダは汚白色~黄土色で垂生、やや密。
 柄はカサと同色~淡色。
 各部分とも傷をつけたり、古くなると黒くなる。

*注
 シロクロハツのタイプ種 Russula albonigra (Krombh.) Fr. は傷をつけると赤く(朱色)なるが、桜山産のシロクロハツはより小型で、傷ついても赤味を一切帯びないので多分別種?。
 → 若いうちの桜山産シロクロハツは、外観上はケシロハツと見分けが難しいが、ヒダの密度、乳液の状態や、擦れると黒色に変色することで違いが確認できる。

FeSO4で肉色変色