ケシロハツ
Lactifluus vellereus (Fr. : Fr.) Kuntze

ベニタケ目_ベニタケ科_ツチカブリ属


ケシロハツ 20130712 桜山

 
POISON 有毒

 夏~秋、林内地上に発生。チチタケ属の白い大型のきのこ。

 傘径は6~12(20)cm、かなり大きくなるのもあるようだ。成長するとじょうご形になるが縁は何時までも内側に巻く。老成すると汚黄土色のシミが出来る。傘表面は微毛に覆われている。縁部は強く内側にまく。
 ヒダは白色→淡黄土色、非常に疎で、白色で辛い乳液を分泌する
 柄は白色で微毛に被われる。太くて短い。


〔似たキノコ〕
 → ケシロハツモドキ ケシロハツに似るがヒダが密。
 → ツチカブリ 傘表面は微毛ではなく、小皺がある。ヒダは垂性で密。
 → ツチカブリモドキ ツチカブリに似るが、ヒダが疎。
 → シロハツ 乳液の出ないベニタケ属

上の写真の拡大、傘表面の微毛の状態