シロハツモドキ
(別名;カラシロハツ)
Russula japonica Hongo

ベニタケ目 ベニタケ科 ベニタケ属


シロハツモドキ

 
POISON 有毒

 夏~秋、シイ、カシ、コナラ等の広葉樹林地上に群生、散生。 普通は枯葉やゴミをいっぱい被って群生しているが、時々全くゴミのないきれいなものも見かける。

 傘径6~15cm、白色だが、汚黄土色を帯びることが多い。
 ヒダはきわめて密で、白色からクリーム色、さらに黄土色となり、褐色のシミを作る。
 小ヒダはほとんどなくて、ヒダの間には脈連絡が見られることが多い。ヒダは古くなると褐色が濃くなる。


〔似たキノコ〕
 ヒダを傷つけて乳が出るかどうかをまず確かめることが第一段階。
 乳が出なければベニタケ属になり、ヒダが白くて、密~やや疎、(柄の上端に青い色が見えることもある)であればシロハツ、  ヒダ全体にかすかな青い色が見えればアイバシロハツになり、ヒダがクリーム色なら本種となる。

シロハツモドキ_20090822_桜山