サクラシメジモドキ
Hygrophorus purpurascens (Alb. & Schw.:Fr.) Fr.

ヌメリガサ科ヌメリガサ属

サクラシメジモドキ_

 
can be eaten 可食

 食。サクラシメジに似ているが、サクラシメジが広葉樹の林に生えるのに対し、サクラシメジモドキは針葉樹の林に生える。

 カサ径は10cm前後まで大きくなる。
 表面は粘性があり繊維状の圧着鱗片を付着させ、汚白色地にワイン褐色の模様を作る。
 ヒダは直生〜垂生、やや疎、紫赤色のシミができる。
 柄は繊維状で上部に早落性のツバがあり、ツバより下はカサと同色である。


〔似たキノコ〕
 → サクラシメジよりはやや遅く出るようで、幼菌の時はカサ裏に蜘蛛の巣状のもの(繊維状の内皮膜)が見られ、それが早落性のツバとなる。サクラシメジ同様やや苦いが、酒の肴にいい。
 → ヒメサクラシメジ は本種より小型で、全体がワイン色〜赤褐色。

柄は繊維状で、綿状のツバは脱落している