オオヒラチャワンタケ
(別名;チャイロワンタケ)
Peziza repanda Pers.:Fr.
チャワンタケ目 チャワンタケ科 チャワンタケ属

 
 Unclear 食毒不明

 広葉樹腐木上や、腐植土等肥沃な地上に発生し、公園や人家の庭などに生える事も多い。単生あるいは群生する。

 直径 3-10(12) cm.、深い椀形からやや平たく開く、ほとんど無柄か、短い柄が地中に入る。
 子実層面は平滑でつやは無く、幼時、白色〜汚白色、成熟すると蜜色ないしらくだ色。
 外面は白っぽく厚い粉状ないしフケ状、湿時淡褐色、周縁部はやや鋸歯状になり、成長すると輪郭が不規則で小さく反り返ることもある。
 肉質は比較的脆く変色性は無い。

 子嚢胞子は楕円形、無色薄壁で表面は平滑にみえ、目だった内容物は見られない。16.4-17.0 × 8.5-9.2 μm.

 ※ 比較的普通種だが、日本の図鑑で掲載しているものは少なく類似種が多いので同定には余り自信が無い。


〔よく似たきのこ〕
 → オオチャワンタケ
 → その他に、胞子が楕円形、無色でほとんど平滑の種は、タヌキノチャワンタケペジザバリアペジザ セレアナヤノシロチャワンタケなどがある。

20180617 桜山
_ 20181020 定山渓
子嚢盤断面、 20181020 定山渓 _ 20181020 定山渓
_ 20181020 定山渓 20180617 桜山