ヌメリアカチチタケ

Lactarius hysginus (Fr.: Fr.) Fr.
ベニタケ目_ベニタケ科_カラハツタケ属

 
 Inedible 食不適 .

 夏から秋にかけてエゾマツ、ヨーロッパトウヒなどの針葉樹林内の地上に発生する。

 傘は初めまんじゅう形で後にはそり返ってろうと状になる。湿時粘性が著しく、帯赤褐色〜暗帯紫肉色、中央は暗色、不明瞭な環紋があり時にこれを欠く、またクレーター状のくぼみを作る。
 ひだは柄に垂生し、クリーム色から淡黄土色で傷つけても変色しない、並び方はやや密。
 柄はやや短く、淡褐灰色、表面には灰褐色のあばた状の浅いくぼみが目立つ。
 乳液は白色で量が多く変色しない、なめると辛い。

〔よく似たきのこ〕
 → 似たキノコのヌメリハツは環紋が全く無い