ニンギョウタケモドキ
Albatrellus ovinus (Schaeff.: Fr.) Murrill

ベニタケ目_ニンギョウタケモドキ科 ニンギョウタケモドキ属


ニンギョウタケモドキ_20090716_学びの森

 
 can be eaten 可食

 秋、マツ属・モミ属・トウヒ属などの針葉樹の林内地上に点々と群生する。

 かさは径3~8cm、粘性を欠き、ほぼ円形から不整形、淡黄色の地に、黄褐色~明るい褐色の亀裂模様をあらわし、細鱗片状となり、周縁部には条線・条溝を欠く。
 裏面は微細な管孔で、白色、後に黄色~黄褐色のしみを生じる。
 柄はしばしばかさの中心を外れて着き、汚れたクリーム色の地にしばしば汚褐色のしみを生じ、中実である。
 肉は白色で薄く、やや丈夫な肉質で、傷つけても変色せず、においは温和、味は僅かに苦味を持つかまたほとんど無味である。
 管孔は柄に対して直生~垂生し、孔口は微細な多角形で、白色を呈するが老成するに従って汚れた黄褐色のしみを生じる。
 硫酸第一鉄溶液でゆっくりと淡紅色~淡ブドウ色に変わる。

〔似たキノコ〕
 同属のザボンタケのかさは淡オリーブ褐色を帯びるとともに微細な毛におおわれてビロード状の触感があり、肉はもろく、胞子はやや大きい。

ニンギョウタケモドキ_学びの森