モリノカレバタケ
Gymnopus dryophilus (Bull.) Murrill
ハラタケ目_ツキヨタケ科_モリノカレバタケ属


モリノカレバタケ_2008.08.21

 
CAUTION 食注意・弱毒

 春から秋にかけて各種の林内地上に群生する。世界的に分布するきのこで傘や柄の色は変化に富んでいる。代表的な落葉分解菌のひとつである。
 食用となるが中毒例があり要注意。

 傘の径3〜4cm、初め半球形で後には平らに開く。表面は平滑で、淡黄土色、なめし革色、クリーム色など変化に富む。
 ひだは離生〜上生〜垂生(離生だけでなく垂生もある)、白色から淡黄色、並び方は密。
 柄は傘とほぼ同色、中空、基部はややふくらむ。


〔似たキノコ〕
 モリノカレバタケ属には、次の仲間があります。
 エセオリミキ、相対的に肉厚感。柄に条線があり、基部がややふくらむ。
 アマタケ、柄に細かい毛が密生。
 カブベニチャ の柄の下部は赤褐色〜暗褐色。
 カレバタケ、柄は紫赤褐色を帯びる。
 クサカレハタケ、ダイコンのニオイをもっと強くした、不快に感じるほどの臭気がある。
 アカチャツエタケ、肉はシイタケのように強靭

モリノカレバタケ_2070712 sirahatayama


下はヒダの幅が狭く並び方が極めて密の種。
桜山研修会ではモリノカレバタケの仲間としているのだが?。
モリノカレバタケ_20090620_桜山
基部ははっきりふくらむ
幼菌 幼菌