カレバタケ
Gymnopus erythropus (Pers.) Antonin, Halling & Noordel.

ハラタケ目_ツキヨタケ科_モリノカレバタケ属


カレバタケ_20160924_桜山s

 
CAUTION 食注意・弱毒

 落葉を分解する菌 広葉樹林内の落ち葉上に発生。
 傘は淡黄褐色~クリ-ム色。
 柄は暗赤色, 根元は暗赤色の綿毛状菌糸に被われる。


〔似たキノコ〕
 アカアザタケ属には、次の仲間があります。
 → アカチャツエタケR. neofusipes、はつねに中丘を持ち、肉や柄はやや強靭、カサの縁は反りかえらない。
 → アカチャカレバタケR. prolixa var. distorta の柄は淡褐白色、繊維状、赤褐色のシミをつける。
 → エセオリミキR. butyracea、相対的に肉厚感。柄に条線があり、基部がややふくらむ。

 モリノカレバタケ属も本種に似ています。
 → モリノカレバタケG. dryophilus、の柄の基部はやや膨らむ。
 → アマタケ G. confluens、は柄の全面に細かい毛が密生しています。
 → カブベニチャ G. acervatus、は柄の基部に白色の菌糸を着ける。