ミヤマタマゴタケ類似種
Amanita sp.
ハラタケ目_テングタケ科 テングタケ属


ミヤマタマゴタケ類似種 _20170830 sirahatayama

 
CAUTION 注意

 夏から秋に、広葉樹林や針葉樹の林内地上に発生する中型のきのこ。
 ミヤマタマゴタケより全体のサイズがやや小さいほかは、傘、ツバ、柄の特徴はそっくりで、ツボは周辺の菌糸マットと合着する。

 傘は6~8cm、はじめ卵形で後にはほぼ平に開き、中央部がやや突出する場合もある。
 表面の色は灰褐色で周縁部にはごく短い放射状の溝線がある。
 ひだは柄に離生し、並び方は密、色は白色。
 柄は 8~15cm、ほぼ白色で下半分には目立つささくれがある、上部に白色のつばをもち、 根元には小さな袋状のつぼがあり周辺の菌糸マットと合着している。


〔似たキノコ〕
 → ミヤマタマゴタケより全体のサイズが小さいほかは見分けがつかない。

ミヤマタマゴタケ類似種 _20170830 sirahatayama