マツシメジ
Tricholoma albobrunneum (Pers.) P. Kumm.

ハラタケ目_キシメジ科_キシメジ属


 
POISON 有毒

 トドマツ林など針葉樹林に単生~群生する。

 傘は径3~7cm、湿っている時粘性があり、帯赤褐色~くり褐色、縁部は初め内側に巻き、周縁には繊維状の条線がある。表皮は剥がしやすい。
 ひだは湾生、密、白色のち傷付けたり古くなると僅かに褐色のシミが付く。
 柄は長さ2.5~6cm、根もとがやや膨らみ上部は白色、下部は淡赤褐色、中実。
 きのこ全体にはほこり臭さがある。

 → カキシメジ
 → カキシメジモドキ(ニガシメジ)

マツシメジ_20151018_月形