カキシメジ
Tricholoma ustale (Fr.) P. Kumm.

ハラタケ目_キシメジ科_キシメジ属


カキシメジ 20101014 桜山_高田

 
 POISON 有毒

 有毒。 日本の毒キノコの中でも特に事故例が多い。
 誤食を防ぐ上で重要なポイントは肉に独特の鼻をつく悪臭(灰汁様)があること、ひだに赤黒いシミが点々とつく事である。

 秋、マツ林やナラなどの雑木林に単生、群生。
 カサは3〜8cm、湿っている時はぬめりがあり、半球形から平らに開き、黄褐色から茶褐色。
 ヒダは白色、湾生しやや密。手で触れたり、老成すると赤茶褐色のシミが出来る。
 柄は上下同大かやや中ほどが太く、中空か髄状。表面は上部カサに近いところは粉状、下部は繊維状。カサより淡色。手で触ったり傷つくと褐色に変色する。肉は白色、空気に触れると部分によって多少渇変する。


〔似たキノコ〕
 →マツシメジ

 
カキシメジ_20071004_利根別自然休養林   カキシメジ_20071004_利根別自然休養林