マツカサキノコ
(別名;マツカサツエタケ、マツカサシメジ)
Strobilurus esculentus (Wulf. ) Sing.

ハラタケ目_タマバリタケ科_マツカサキノコ属


マツカサキノコ

 
can be eaten 可食

 可食。ヨーロッパトウヒなどトウヒ属樹木の埋土した球果に生える。
 表面は暗褐色、灰褐色、または黄土色、ヒダは上生、白色、密。
 柄は微毛に覆われ上部はクリーム色、下部は黄土色、根は地中の球果に付着する。


〔似たキノコ〕
 → 同属でマツカサキノコモドキはトウヒではなく地中の古い松かさ(松ぼっくり,マツ類の毬果)から発生します。
 → マツカサから出るキノコは他に
 マツカサタケマツカサシメジニセマツカサシメジなどがある。