クサハツモドキ
Russula laurocerasi

ベニタケ目 ベニタケ科 ベニタケ属


クサハツモドキ

 
awful taste 食不適

 食毒不明。 夏~秋 コナラ類樹下で群生。
 傘は径 6.5~12cm、円球形~饅頭形~扁平~浅杯形。表面湿時粘性あり帯褐黄土色~黄土色で、周辺に顕著な粒状線あり。
 柄は 7~10×1.2~1.7cm、上下同径か下方やや肥大し中空、表面白色~帯黄土色~帯汚褐色で条線あり。
 ひだは離生~やや垂生気味、やや密。幅0.7~0.9cm。クリーム色で汚褐色のしみを生じる。
 肉は白色で脆く、ビターアーモンド様と評される腐った果実様の臭い(悪臭ではない?)がする。
 胞子紋 白色。
 胞子は翼状の隆起がある。

〔似たキノコ〕
 → クサハツ はやや大型で色が濃く、ひだは離生、胞子は翼状の隆起が無い。
 → ニセクサハツは柄のシワ状条線が明瞭、不快な臭いがある。