クロラッパタケ
(別名;クロウスタケ)
Craterellus cornucopioides (L. : Fr.) Pers.

アンズタケ目_アンズタケ科_クロラッパタケ属


クロラッパタケ 20110925 大沼

 
Edible mushroom 可食

 夏から秋にかけてマツ類やツガ類などの林内に群生する。名前のとおり色が黒いことから、日本ではあまり利用されていないが、ヨーロッパでは珍重されている。

 子実体は深いろうと形〜ラッパ形、高さ5〜10cmぐらい。
 傘の部分は径1〜6cm、薄い膜質。不正円形または縁は浅くさけいちじるしく屈曲。
 上面は黒褐色または灰褐色で細かくささくれる。
 外側下面の子実層は灰白〜淡い灰紫色、ほとんど平滑または低いしわをおびる。
 肉はきわめて薄いが,比較的丈夫な肉質で脆くはなく,乾いても再び降雨に遭うとある程度は原形に復元し,淡灰色で傷つけても変色することなく,味もにおいも温和で特徴がなく,各種の試薬に反応しない。


〔似たキノコ〕
 → コクロラッパタケ C.dubius は本種より小形。
 → アクイロウスタケ C.cinereusの子実層面はシワヒダ。