クダタケ
Macrotyphula fistulosa (Holmsk.) R.H. Petersen
ハラタケ目_ガマノホタケ科_ホソヤリタケ属


クダタケ_2010.10.03 富良野ハイランド

 
unclear 食毒不明

 広葉樹の枯れ枝や落葉上に単生〜群生。

 高さは10〜20(30)cm、径2〜8o。
 表面は平滑、黄色のち渋色、錆色、赤褐色となる。
 旧所属はコスリコギタケ属。

 胞子は涙滴形状、平滑、10-16×5.5-7.5μm


〔似たキノコ〕
 → ホソヤリタケは径2o 程度と細く、頭部と柄部の境界がはっきりしているとあるが、本種は境界がはっきりしない。
 → オチバノホソフデタケ はクロサイワイタケ属、子座は初め基部から中ほどまで黒くそれから先は灰色、のち黒くなる。

クダタケ_20181010 白旗山
柄は中空
クダタケ_20181010 白旗山、胞子 10-14.8 x 5.5-6.8 μm 胞子 10-14.8 x 5.5-6.8 μm