コクリノカサ
Hygrophorus arbustivus Fr.
ハラタケ目_ヌメリガサ科_ヌメリガサ属


 
can be eaten 可食

 秋 コナラ、ミズナラなどの広葉樹林内地上に発生。
 傘径5cm前後、表面は強い粘性があり、「小栗傘」の名前の様に明るい栗色、中央が茶褐色で縁部は淡い。ヒダは白色でやや密、直生〜垂生。
 柄は白色で、やや粘性があり、頂部は粉状。
 食、和風の汁物とか、鍋物に適しているとある。


〔似たキノコ〕
 → アケボノサクラシメジ の傘は淡紅色から肉紅色。
 → コクリノカサモドキ は傘が乾きやすく、胞子が小さい。
 → ブナヌメリガサ は似ているが、柄や肉は少し色づく。