ナメアシタケ
Mycena epipterygia (Scop.:Fr.) S.F.Gray

ハラタケ目_ラッシタケ科_クヌギタケ属




ナメアシタケ
 
awful taste 食不適

 地上からも、朽ちた倒木上からも、発生する。
 傘は円錐形から平に開き淡灰黄色~淡灰褐色、ゼラチン状の表皮を持つ為湿時粘性をあらわし、条線がある。
 傘裏のひだは白色で直生。
 柄は黄色で粘性を持ち基部に白色毛を有する。観察しても柄のヌメリが分かりにくいが、採取してみると指にくっつくのですぐに分かる。

 キナメアシタケアカハナメアシタケは本種の変種になります。

〔似たキノコ〕
 → ハイイロナメアシタケヌナワタケは別種で粘性が著しい。
 → 同じ属には、チシオタケアカチシオタケなど、見栄えがする仲間がありますが、変種が多く似たものも多い。



キナメアシタケ
(傘色がレモン色のナメアシタケ)
Mycena citrinella (Pers.) P. Kumm.(日本産菌類集覧の学名)

 キナメアシタケ 20121028 学びの森

 
unclear 食毒不明

 夏~秋 主として針葉樹倒木、切り株上や落葉の間。カサ径約2cmの小形菌。

 カサはレモン黄色で湿っている時条線をあらわす。
 ヒダは白色からレモン黄色、やや疎。
 柄は傘とほぼ同色のレモン黄色、やや粘性がある。

キナメアシタケ 2010.10.10 中山峠 キナメアシタケ 20121028 学びの森


アカハナメアシタケ
(傘色が灰褐色のナメアシタケ)
 Mycena viscosa Secr. ex Maire (日本産菌類集覧の学名)