ヌナワタケ
Mycena rorida (Scop.:Fr.) Quel.
Roridomyces roridus (Fr.) Rexer
ハラタケ目_クヌギタケ科_ヌナワタケ属

ヌナワタケ_20170712 sirahatayama

アイシメジ 拡大画面へ  
awful taste 食不適

 春〜秋、林内の落ち葉や腐木上に発生。

 傘径は 0.5〜1.3cm、まんじゅう形から平らに開く、表面は粘性なく、白色から帯褐灰色で中央部濃色、湿っているとき条線をあらわす。

 ヒダは直生〜わずかに垂生、白く疎で小ヒダが多い。
 柄は灰白色で、著しい粘液に包まれている。

 胞子は狭楕円形、10〜11×4〜5.5μm。


〔似たキノコ〕
 → キュウバンタケの柄は白色で、基物に吸盤状に吸いつくように付いている

柄は粘液に包まれている
アイシメジ 拡大画面へ
アイシメジ 拡大画面へ