キホコリタケ
Lycoperdon lividum Pers.

ハラタケ目 ハラタケ科 ホコリタケ属


キホコリタケ
unclear 食毒不明

 子実体は幼時白色から成長して黄色、のち外皮脱落して光沢のある黄褐色となる。

 頭部の下側にしわがあり、無性基部は逆三角形。
 外皮はぬか状。あるいは粉状物からなり、剥落しやすい。
 内皮は紙質で頂孔を開ける。

 胞子は球形で微細なとげ状突起がある。胞子紋は黄褐色でさらさらしている。